右手はあんなに弱いのに左手だけ強い腕相撲

今日彼と腕相撲対決をしました。昔から利き手ではない左手の方が腕相撲が強かった私ですが、案の定彼との対決で右手では一瞬で負けてしまいました。そこで彼は油断したのでしょう。左手対決でちょっとしたハンデをくれました。それは掛け声なしに私の好きなタイミングで初めていいよというものでした。

ちょっと悔しかった私ですが、始まってすぐにぐっと左手に力をいれた私は逆に彼を瞬殺してしまいました。驚いた彼は呆然です。余程悔しかったのか再選を申し出てきましたが、何度やってもやはり私が勝ちます。なんというかとっても痛快な気分になりました。
右手はあんなに弱いのになぜ左手だけ強いのか謎ですが、彼の鼻を明かせてちょっとだけ嬉しくなりました。

Posted on 22 1月 '14 by , under nocategory.